2007年03月18日

F1

真鶴から山越えして御殿場スルーの中央道&圏央道ルート。つまり外回りを試す。海から山まで30、御殿場まで30、下道区間15、渋滞回避のため上野原で下りるまで30、甲州街道も結局渋滞で90(うち相模原を抜けるまで60)、圏央道に乗ってからは30。T3.5hrs。462K@11.8K/L。教訓: 小仏渋滞は下道で回避できない。小仏渋滞がなかったとすれば2hrsだから外回りの価値はありか。特に来年度中に予定されている圏央道と中央道の連結で関越と中央が繋がれば。合計有料道路代金だけで1万。伊豆は有料道路過多▼F1開幕。スーパーアグリは躍進だな。公式予選を基準にすると、合計11チームは以下のように分類できそうだ。トップ争い(最終予選組)がフェラーリ、マクラーレン、BMW、(トヨタ)、中段(二次予選組)がスーパーアグリ、ウィリアムズ、ホンダ、レッドブル、ルノー、ドベ争い(一次予選脱落組)がスパイカー、トロ・ロッソという感じで、ここからどれだけ番狂わせが起きるかが見所か。トヨタは予選的には最終組にコンスタントに入りそうだが、レースで優勝争いに絡む雰囲気を全く感じない。中段組はどれが最終予選に絡んできてもおかしくなさそう。そして今年はレギュレーション変更の方向が「マシン・パワーよりもドライバー勝負」とのことで、ファースト・ドライバーだけが上位に絡むチームも多くなりそうだ。特にこのレギュレーション変更の波を思いっきりかぶったのが「ドライバーよりもマシン重視」の伝統があったウィリアムズということになりそうなのが面白い。その逆がマクラーレン。


posted by 58843 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの教養娯楽一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。