2009年01月07日

EyeTV250Plusについての考察(NTSCのUSA版?)

EyeTV 250 Plusは時折音声が消える。消える時は放送中のものも録画したものも。当初は裏で重い作業をまわしたりする使い方のせいかとも思ったが、検索すると一般的な現象であるらしい。日本語版発売元の掲示板グローバル・サイトの掲示板に議論があった。自助努力の結果、ソフトを再起動するだけで回復するのだが、もう少しマシな解決策らしきものは日本語版にあった「NTSCのUSA版に設定してみる」あたりか▼いずれにせよ、根本的に問題がありそうだ。しかもユーザの力が及ばないところで▼思えば、TVをPCで済ませるというのは、一人暮らしだった時代に「不在の自宅にTVが留守番しているのって無駄じゃん」という発想から生まれたものであるので、いい加減妥協して自宅TV専用機を購入する潮時かもしれない▼が、録画データやDVDデータをすべてiTunesで管理しているというこれまでのAV資産の問題もあり、完全にTV専用機に移行するのも難がある。2011年を睨んでまだ考える時間はたっぷりあるが、TV専用機+MacMiniという妥協策もアリか。っていうかそこは本当はApple TVなのか。いや、そうなると母艦が必要だからそれはないな。



posted by 58843 at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。