2007年01月31日

「産む機械」報道

柳沢厚生労働大臣の失言問題だが、違和感がある。個人的にはこのブログのスタンスが最も近いな。内輪の発言なので正確なテキストはないようだが、少なくとも「女性は産む機械だ」と直裁に言っているわけではない(し、そんな風には思っていないだろう)。趣旨は、出産可能年齢の人口そのものが減少するので、少しばかり出生率が上がっても相殺されてしまうという話のように思われる。それにしてもそう言えばいいわけで、多少譲っても「産む可能性のある人が減る」程度で良かったのだ。しかし、むしろどちらかと言えばなぜか「お国のために」子どもを産むことに飛躍して同発言を批判している福島瑞穂社民党党首の方にもっと違和感がある。まあ、「神の国」発言も文脈を見れば単なるリップサービスだし、それでも政局になるのが政治か。


posted by 58843 at 00:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの世間一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。