2007年06月05日

新愛機MB

自宅配送を手配していたつもりだった新愛機MB2.0GHzがなぜか職場に届く。パッケージが薄くなったことにまず感銘。これはスマートであるだけでなく、メーカー的にも配送コストの劇的な削減につながっているんだろうなあ。相互利益なので歓迎▼帰宅後、初期化の上、愛機iBG4/12/1.33GHzからデータ移送。相変わらずスマート。ユーザ登録画面で一時フリーズしてやり直したが、これは他の方のところでも出た症状だったらしい。電話番号の市外局番が市内局番にまとめて読み込まれてしまい、それを訂正しようとすると操作を受け付けなくなるというものだ。欧米め!また、無線LANは明示的に認識させなければならず、一瞬不調かと戸惑った。また、今回初めてポータブルのメイン機がインテルになり、Classic環境が不在となったため、クラシックのフォントが使えるのか不安になったが、OSXのフォントフォルダに有無をいわせずぶち込んだところ、何事もないように認識しているようだ▼翌日にはメモリを一気に最大まで増強。DDR2-5300の1GBX2。業務に必要なVGAアダプタをケーズデンキとソフマップで捜索したが、どちらもなく、とりあえず非常用をかねてビデオアダプタを購入。のち、Sofmapのネット通販でmini DVI to VGAアダプタ在庫を発見し、予備の電源アダプタと一緒に発注▼今回の新愛機は、経費処理の関係上、10万以下の商品を捜索しまくった結果、愛知県小牧市のコムネットという店の中古在庫を楽天で発見して入手したものだが、なぜか外部ディスプレイアダプタが全く入っていなかったのだ。ここまでのところで追加経費は約4万。いずれ内蔵HDD(初期状態で60GB)も増強することになるだろうが、ちらっと探査した範囲では100GB流体軸受けでも1万しないようだ。なんてこった。



posted by 58843 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック