2007年06月22日

否定的講義の危険

講義X2。千葉の日だが、雨なので愛車Aを出動させたところ、普段1h45のところ2hかかった。失敗。講義はまあまあ。教科書べったりコースは事前に受講生の皆さんに各節ごとのまとめを作って来るようにお願いし、それを見ながら進行した。講義進行は迅速化したとともに、「所詮一般教養なので講義外で準備しない」という状況を強制的に改善できたが、結局受講生さんの作成したまとめをいちいち否定して進めるようになってしまいがちで、この点に注意を要する。



posted by 58843 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの職場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。