2007年08月30日

Safari3の復元機能はGood

デング熱対策のために家庭などのPCの余力を提供するプロジェクト、World Community Grid: WCGSafari3 Public Beta(以下S3PB)を試す。リストされている機能は基本的に全て魅力的で、特にクラッシュした際に再起動後すべてのタブを復元できる機能は現在メインブラウザをFirefoxに変更している(pdfとRSSを閲覧する際を除く)誘因になっているものだ。しかし現時点では著しく不安定なため見送る。とはいえ付言するとS3PBのインストーラにはアンインストーラが付属しており、気が変わった時にはキレイに以前の環境を再構築することができた▼CNETにWin仮想環境の比較記事。既にParallelsを導入済であるので恐いもの見たさ(最近ケータイを買い替えた後もついケータイ売り場で最新の価格を確認してしまうのと同じ心理だ)で目を通したところ、Parallelsはシングルコアしか利用していないのでFusionに速度で大幅に劣るとのこと。しまった...。Pがバージョンアップすることに期待を残す。



posted by 58843 at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。